星・雪・きらめき 緑の里 なよろ


現在位置の階層

  1. ホーム
  2. フォトでお知らせ
  3. 2017年
  4. 2017年4月27日 さくら保育園でサケの稚魚放流

2017年4月27日 さくら保育園でサケの稚魚放流

風連別川でサケの稚魚放流が行われ、さくら保育園のぱんだ組の子どもたち13人と子育て支援センターこぐまの子どもたちが参加しました。
稚魚は昨年11月にタヨロマ川さけ放流事業実行委員会の阿部鉄男会長から供与された200粒の卵を孵化させ、5カ月間同園の子どもたちが育ててきたもので、放流するころには体長がおよそ6センチから8センチほどに成長。
最初にサケが元気に帰って来れるよう川のゴミ拾いを行ったあと、子どもたちは「またこの川に戻ってきてね」と願い、放流しやすいように地域のかたの協力を受けながら、稚魚を放流しました。

記事で紹介している写真です。写真を選択すると別ウィンドウで大きいサイズの写真が表示されます。