星・雪・きらめき 緑の里 なよろ


現在位置の階層

  1. ホーム
  2. フォトでお知らせ
  3. 2017年
  4. 2017年11月23日 お赤飯の日

2017年11月23日 お赤飯の日

名寄市もち米生産組合が、駅前交流プラザ「よろーな」で、名寄を代表するもち米「はくちょうもち」を使ったお赤飯を無料配布しました。
会場では、11月23日がその昔「新嘗祭(にいなめさい)」といわれ、その年に収穫した新穀を神に捧げて感謝する日だったということを寸劇で紹介したあと、名寄市もち米生産組合組合長の神田勇一郎さんが「今年もおいしいもち米を収穫できた。農作業をしている姿を思い浮かべながら食べてください」とあいさつ。
その後、用意された500食のお赤飯が、ミス北海道米の渡邊さんや同組合員たちから、訪れた多くの市民などに全て配布されました。

記事で紹介している写真です。写真を選択すると別ウィンドウで大きいサイズの写真が表示されます。