星・雪・きらめき 緑の里 なよろ


現在位置の階層

  1. ホーム
  2. フォトでお知らせ
  3. 2019年
  4. 2019年7月27日 ペアレンツ・スクール、スポーツチャレンジ教室

2019年7月27日 ペアレンツ・スクール、スポーツチャレンジ教室

北海道が主催する「ペアレンツ・スクール」が駅前交流プラザ「よろーな」で開催され、市内の野球少年団の関係者が参加しました。
講師は元プロ野球選手で現在日本ハムファイターズのベースボールアカデミーコーチの牧谷宇佐美さんと、元スピードスケート五輪日本代表の鈴木靖さんが務め、トップアスリート育成のための子どもとの関わり方について講演しました。
牧谷さんは「小さい頃から自分で考える力をつけさせて。親はコーチになってはだめ。困ったときに全力で悩みを聞くような距離感を大切に」とし、「野球では謙虚さ、素直さなど精神を整えることが先で技術は後でいい。失敗ノートを親子でつけるといい」とアドバイスしました。
鈴木さんは「小学3年生までにいろいろなスポーツをさせて、小学生のうちはとにかく楽しんでスポーツをさせて。トップアスリートになるには、けがをしなく、最後まで競技を楽しめることが重要」と強調しました。

ペアレンツスクールの後は、名寄南小グラウンドで近隣の野球少年団の子どもたち約50人が参加し、スポーツチャレンジ教室が行われました。
牧谷さんから「キャッチボールは思いやりが大事。試合の時のように構え、呼吸の仕方に気を付けて」などと指導を受けながら、キャッチボールや捕球体勢、バッティングなどの練習をしました。

記事で紹介している写真です。写真を選択すると別ウィンドウで大きいサイズの写真が表示されます。