星・雪・きらめき 緑の里 なよろ


なよろ市立天文台開台10周年記念講演会

 なよろ市立天文台が今年、令和2年(2020年)4月に開台10周年を迎えたことから、国立天文台水沢VLBI観測所の本間希樹所長をお招きし、ご講演いただきます。昨年、史上初めてブラックホールの撮影に成功した本間教授をはじめとする国際プロジェクトチーム。まさにブラックホールの最先端の研究について、わかりやすくお話しいただきますのでどうぞ、お越しください。

なよろ市立天文台開台10周年記念講演会「人類が初めて見たブラックホールの姿」

日時、場所
日時

から まで

場所

名寄市民文化センター東館 多目的ホール

名寄市民文化センター
名寄市西13条南4丁目2番地
申込み
申し込みが必要です。

名寄市内の方:下記の場所にて整理券を配布いたします。(お電話での受け付けは行いません)
 ・なよろ市立天文台
 ・智恵文支所
 ・風連公民館
 ・EN-RAYホールチケットセンター

名寄市外の方:お電話で申し込みとなります。なよろ市立天文台(01654-2-3956)までお申し込みください。追って整理券を送付いたします。

申し込み受け付け開始:9月15日(火曜日)13時から
定員:先着100名
参加料

無料

備考
会場は天文台ではなく「名寄市民文化センター」です。
お間違いのないようお気を付けください。

講師:本間希樹(ほんままれき)氏

講演会ポスター
アメリカ合衆国テキサス州生まれ、神奈川県育ち。 平成6年東京大学理学部天文学科卒、平成11年同大学院博士課程修了。同年国立天文台COE研究員。 その後、助教、准教授を経て2015年より現在まで、国立天文台教授、水沢VLBI観測所所長を兼務。 また現在、総合研究 大学院大学および東京大学大学院の併任教授。

専門は電波天文学で、超長基線電波干渉計(VLBI)を用いて銀河系構造やブラックホールの研究を主に行っている。 著書に『巨大ブラックホールの謎』(講談社ブルーバックス)、『国立天文台教授が教える ブラックホールってすごいやつ』(扶桑社)など。 2017年よりNHKラジオ『子ども科学電話相談』の回答者も務めている。

昨年、史上初めてブラックホールの直接観測に成功し、大きな話題を集めたことをきっかけに、人気番組『情熱大陸』(TBS)に出演した他、様々な賞を受賞した。

お問い合せ・担当窓口

なよろ市立天文台きたすばる

【開館日】
 毎週火曜日から日曜日・祝日
【開館時間】
 夏時間(4月から10月) 13時00分から21時30分
 冬時間(11月から12月、1月から3月) 13時00分から20時00分

  • 住所:郵便番号096-0066 北海道名寄市字日進157番地1
  • 電話番号:01654-2-3956
  • ファクシミリ:01654-2-0267
  • メール:kitasubaru@nayoro-star.jp